スピルリナを摂取する

さて、スーパーフードであるスピルリナですが、その栄養価は非常に高くて、体内への消化率はなんと90%以上もあります。

私たちの身体は、おもにタンパク質で作られ、多くのビタミンの働きによりタンパク質は代謝をくり返すと言われています。スピルリナが持つタンパク源には、人が健康で若々しくいるために欠かせないビタミンB群が大量に含まれていると言われています。このビタミンB群は、老化防止に役に立つとも言われていますので、脳の活性化に繋がると考えられています。

また、スーパーフードであるスピルリナは、鉄分も多く、リノレン酸も含まれていることで、錆びない身体作りに役立つと言われています。それはオメガ6系脂肪酸であると言われていて血中コレステロールを低下させることで糖尿病などの予防にも効果があるとされています。

スーパーフードであるスピルリナですが、サプリメントでの摂取が一番良いと考えられています。粉末状のものであれば、今流行りのスムージーや健康ジュースなどに入れることで身体への吸収力をアップさせると言われています。また、ドレッシングやスープに入れても効果があるでしょう。病気をやっつけるだけでなく、食物繊維なども豊富に含んでいますので、健康のためにも取り入れてみてはいかがでしょう。

〔参考サイト〕スピルリナサプリメント通販:スピルリナブルー

スピルリナの特徴とは

さて、スーパーフードでも特に注目されているのが「スピルリナ」です。深緑色をしている、らせん状のスピルリナとは、およそ30億年以上もの昔から生息している藍藻類です。これは、単細胞微細藻類に属すると言われていて、その幅は、0.0008mm以下でもあり、またその長さも0.5mm以下だとも言われているので本当に目にも見えないほど生き物なのです

スピルリナは、アフリカ、中東、南米などの熱帯地方に生息しています。また、種類も多くあり、35通りあるとされています。
このように小さなスピルリナですが、生命力が非常に高い理由は、生息する場所が熱帯地方でしかも高地である場所に自生するために生き抜く力を高めたと考えられています。

スピルリナのすごいところは、動物性の炭水化物でもある「グリコーゲン」を生成する力をもっていることです。藍藻類ではあり得ない特徴も併せ持つことが、スーパーフードの代表格だと考えられています。

特に小さいスピルリナでは繁殖力が優れていることで健康食品に用いられています。すごいパワーを秘めているスピルリナは、栄養価が非常に高いだけでなく、さまざまな病気にも有効的であるとも言われています。免疫力が高まるだけで、治癒する力も秘めているので本当の意味でのスーパーフードだと言えるでしょう。

スーパーフードについて

スーパーフードとは、最近ではテレビやインターネット、雑誌などでも紹介されて機会が多くなってきましたが、どのような食べ物なのでしょうか。

「スーパーフード」
とは、海外から人気のでてきた健康食品です。最初にスーパーフードという言葉を使いだしたのは医療機関の人たちであると言われています。食事療法などを研究する機関ではカロリー摂取についての研究をする中で、食品に含まれる有効成分がどれだけ大切かということに気がついて、そういう食品こそが特別なものであるという考えから、英語で特別の意味を持つスーパーと食物であるフードをかけたことが由来だといわれています。

そのようなスーパーフードとは、低カロリーであることが絶対条件であり、さらに栄養価もすばらしく高く、体内への吸収率も抜群に高いとされています。また、スーパーフードは抗酸化作用があることでも有名で、糖尿病などリスクがある疾患に有効的であると言われています。

このような素晴らしい効果があるスーパーフードですが、私たちが日常的に食している食品などにも含まれていると考えられています。また、スーパーフードの立ち位置は健康食品などのサプリメントと良質な食品との真ん中あたりにあるものと考えられているようです。日本も徐々に知れ渡ってきたスーパーフードですが、アメリカでは、スーパーフードとして特別に推奨されている食品がありますので確認しておきましょう。最近、日本でも注目を浴びているチアシード・アサイー・カムカムをはじめ、クコの実・マカ・カカオ・麻の実・ココナッツ・ブロッコリースーパースプラウトです。そして、いま最も話題に上がっているスピルリナもその一つと捉えられています。